予防ケア・歯周病・インプラントを行なう金沢市入江の歯医者|矯正歯科

矯正歯科 orthodontics

矯正歯科とは

矯正歯科とは

上下の歯が何らかの原因で適切に噛み合っておらず、噛み合わせや歯並びが悪い状態を不正咬合といいます。矯正歯科では、この不正咬合を改善する治療を行ないます。
不正咬合は、見た目に問題があるだけでなく、歯磨きがしにくいため、虫歯や歯周病にかかりやすく、口臭も発生しやすくなります。また、不正咬合の状態では食べ物をしっかりと噛むことができないため、胃腸に負担をかけ続けることになります。そのほかにも片頭痛や肩こり、顎関節症などの原因となる場合もあり、全身の健康にさまざまな悪影響を与える可能性があります。
歯並びや噛み合わせを改善することで、お顔全体とのバランスのとれた美しい口元になるだけでなく、不正咬合が原因のさまざまな問題を解決し、歯の機能を正常な状態に回復することができます。
口元に自信をもち、健康で豊かな生活を送るためにも、矯正治療をはじめてみませんか?
当院では、目立たない矯正装置による治療も可能ですのでお気軽にご相談ください。

矯正装置の種類

目立たない矯正

目立たない矯正

一般的な矯正治療で使用される金属製のブラケットではなく、透明なプラスチック製のブラケットを使用して矯正治療を行ないます。透明なブラケットは、金属独特のギラつき感がなく、歯になじむので、歯の表側に装着していても金属のブラケットように目立たちません。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

マウスピース矯正は、患者さまお一人おひとりにオーダーメイドで透明なマウスピース型の矯正装置を作製し、それを装着することで歯並びを改善していく矯正治療です。
マウスピース型の矯正装置は、透明で非常に薄いため、装着していてもほとんどわかりません。また、患者さまご自身で取り外すことができるので、装置を気にすることなく食事や歯磨きをすることができます。

マウスピース矯正の特徴

  • 薄くて透明なので装着していても目立たない
  • 食事や歯磨きの際には矯正装置を取り外すことができる
  • 装置を装着した際の痛みや違和感が少ない
  • ホワイトニングを並行して行うことができる
  • ブラケットとワイヤーを使った矯正と併用できる

矯正治療の流れ

STEP01

カウンセリング

患者さまのお悩みと治療に対するご要望をお伺いし、現時点で考えられる矯正治療の内容やおおよその治療期間、費用についてご説明いたします。 患者さまに安心して治療を受けていただくためにも、疑問や不安があればどんな些細なことでもお聞きし、丁寧にお答えいたします。

STEP02

検査・診断・治療計画

より適した治療を診断するために、口内および顔写真の撮影、レントゲン撮影、歯型取りなどの検査を行ないます。
この検査結果をもとに診断を行ない、患者さまにとってベストな治療計画を立てます。

STEP03

治療計画のご説明

治療計画の内容と使用する矯正装置の特徴、治療期間、費用などについて患者さまにご説明し、必ず患者さまにご納得いただいてから治療を開始します。

STEP04

治療開始

必要があれば虫歯や歯周病の治療を受けていただき、お口の状態が整ったら矯正装置を装着して、矯正治療を開始します。
治療法によって頻度は異なりますが、数週間に一度の頻度で通院していただき、歯並びの状態の確認や装置の調整を行ないます。

STEP05

保定

目標とする位置まで歯が移動したら、矯正装置を外します。移動させた歯は、すぐに元の位置に戻ろうとするため、歯並びが安定するまでは後戻りを防ぐための装置(保定装置・リテーナー)を装着していただきます。この装置を装着している期間も数ヵ月に一度の頻度で通院していただきます。

STEP06

メンテナンス

治療が終了したあとも、せっかく美しく整えた歯を虫歯や歯周病で失ってしまうことのないよう、定期的にメンテナンスを受けましょう。

部分矯正について

部分矯正について

部分矯正は、「前歯が数本だけ傾いている」「歯が少し出っ張っている」「ちょっとだけ歯のすき間がある」などの軽度な不正咬合に対し、歯列の一部のみに矯正装置をつけて歯並びを整える矯正治療です。
歯列全体に矯正装置をつける従来の全顎矯正よりも短い期間で治療でき、治療費も抑えられるという点が大きな特長です。
結婚式や就職などイベントを控えており、それまでに気になる部分の歯並びをきれいにしたいという方などにも人気です。

部分矯正はこんな方におすすめです

  • 気になる前歯だけをきれいにしたい
  • ちょっとしたすきっ歯を治したい
  • 短期間で少しだけ歯並びを整えたい
  • 結婚式までに気になる部分だけきれいにしたい

ただし、部分矯正は軽度な不正咬合で噛み合わせに問題がないなど、適応できる症例が限られます。一部の歯並びで気になる箇所があり、部分矯正を受けたいという方はまずご相談ください。

顎矯正について

顎矯正について

顎矯正とは、通常の矯正治療だけでは改善できない症例に対し、突出している顎骨を外科的に切断して動かす手術を行なうことで、短期間で歯並びや噛み合わせを改善する矯正治療です。極度の上顎前突(出っ歯)や下顎前突(受け口)、上下の顎骨が左右に大きくずれているなど、顎の骨格自体に問題があるケースに行ないます。
顎矯正は、まず当院で通常の矯正治療を行なったあと、提携病院にて1週間入院し、顎骨を切断する外科手術を受けていただきます。退院後は約2~3ヵ月の間に3回ほど提携病院へ経過観察のため通院していただき、それが終われば治療はほぼ完了します。
当院の顎矯正では健康保険が適用されますので、ほかの美容外科などで治療を受けるよりも大幅に治療費を抑えることができます。
また、外科手術を担当する提携病院の口腔センター医長は、3ヵ月先まで手術の予約が埋まるほど、お口の手術のスペシャリストとして有名なドクターですので、安心して治療を受けていただけます。
とはいえ、外科手術をともなう治療には不安を感じることが多いと思いますので、何か不安な点や気になることがありましたら、お気軽にご質問ください。

よくあるご質問

女性です。矯正の器具が目立たないか不安です。

一般的な矯正治療で使用する金属製のブラケットは、金属独特のギラギラした感じが口元で非常に目立つため、矯正治療に抵抗を感じる方も多くいらっしゃるかと思います。当院では、目立ちにくい透明なプラスチック製のブラケットや透明なマウスピース型の矯正装置による治療が可能です。

完了するまでの期間はどれくらいですか?

治療期間は治療法や患者さまの歯並びの状態によって異なりますが、部分矯正であれば1~6ヵ月ほどです。全顎矯正の場合は、2~3年ほどです。
また、当院では顎矯正といって一般的な矯正と外科手術を併用することで重度の上顎前突や下顎前突の治療も可能です。顎矯正の外科手術は提携病院と協力して行ないますが、1~2年ほどで治療が完了します。

治療期間中、何か制限があるのでしょうか?

とくに制限はありませが、矯正装置を装着していると、食べ物や歯垢が溜まりやすくなるため、しっかりと歯磨きによるケアを行なってください。矯正治療中の適切な歯磨き方法は治療を開始する際にしっかりと指導させていただきます。