予防ケア・歯周病・インプラントを行なう金沢市入江の歯医者|審美的治療

審美的治療 esthetic

症例01

矯正器具を装着したくない。短期間で綺麗な歯並びにしたい。この様な要望をお持ちの方は審美歯科治療をお勧めします。
矯正治療では、約2年間の間矯正器具を口の中に装着する煩わしさはありますが、審美歯科治療では歯を削るというリスクが伴います。
しかし、審美歯科治療では期間が大きく短縮されます。お見せする症例は、重度の症例ですが、約2か月で終了しました。軽度の場合では、3週間程度で終えることができます。短期間で美しい笑顔を得、楽しく会話ができるとしたら素晴らしい事です。この審美歯科治療も歯並びの改善の一つの選択肢として大変有効な手段といえます。

治療前 治療後

治療前
治療後
治療前
治療後
治療前
治療後
治療前
治療後
治療前
治療後

治療費総額136万円。
被せ物は,全て高強度のオールセラミックにより行われています。
詰物は,全て硬質樹脂で仕上げられています。
お見せした症例は重度の歯列不正です。
軽度の歯列不正であれば、10万5千円で可能なケースもあります。

審美的治療とは

審美的治療とは

審美的治療とは、ただ歯や歯肉の病気を治すだけでなく、お口全体が健康的でバランスのとれた美しさを得られるように歯の色や形を整える歯科医療のことをいいます。
歯は、食事や会話をするうえで重要な役割を果たすだけでなく、色や形などの見た目が人に与える印象に大きく影響します。笑った時に口元から白く美しい歯がのぞくと、笑顔はいっそう魅力的に見えますし、若々しいという印象を与えます。また、きちんと手入れされた歯は、清潔感と気品をも感じさせます。
審美的治療は、美容とエイジングケアの効果があるだけでなく、笑顔に自信が持てるようになることで、積極的に人とコミュニケーションをとれるようになるなど、患者さまの心や生活面でもプラスの効果が期待できます。
歯の黄ばみや銀歯など、口元の見た目に関するお悩みがありましたら、当院で審美的治療を受けてみませんか?患者さまにもっとも合った治療法で、機能的かつ美しい口元へと導きます。

クリーニング

クリーニング

患者さまご自身による歯磨きでは、丁寧に磨いたつもりでもすべての歯垢や着色汚れを取り除くことはできません。
クリーニングは、歯科医師や歯科衛生士による歯のお掃除のことをいい、専用の機械と研磨剤を使用して、歯垢や食べ物の着色汚れやタバコのヤニなどを徹底的に取り除きます。
クリーニングによって本来の白くツヤのある歯に仕上げられるだけでなく、虫歯や歯周病を予防し、歯質を強化することができます。

ホワイトニング

ホワイトニングは、歯を白くするための代表的な処置です。歯の表面に専用の薬剤を塗布することで、沈着した色素を分解し、歯を白くします。
ホワイトニングは、歯を削る必要もなく、人体に安全な薬剤を使用することで歯を白くしていくので、体に負担をかけることなく、安心して施術を受けられます。
ホワイトニングには、「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」、「デュアルホワイトニング」の三つの方法があり、患者さまのご要望や歯の状態、ライフスタイルに合った方法をご選択いただけます。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

歯科医院にて歯科医師や歯科衛生士による施術を受けるホワイトニング方法です。有資格者のみが取り扱うことのできる高濃度のホワイトニング用の薬剤を使用するため、即効性があり、一度の施術でかなり白くすることができます。施術時間は1回約1時間で、目標とする白さになるまで定期的に通院し、施術を受けていただきます。
高濃度の薬剤は人によっては歯にしみる場合もありますが、プロの手でムラなくきれいに仕上げたい方や、できるだけ早く白くしたい方に適しています。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

患者さまにご自宅で行なっていただくホワイトニング方法です。専用のマウスピースにホワイトニング用の薬剤を入れ、それを1日数時間装着することで、少しずつ歯を白くしていきます。通院の必要がなく、患者さまの好きな時間にできるだけでなく、費用はオフィスホワトニングより低価格なので、手軽にはじめられます。
薬剤の濃度が低いため、目標とする白さになるまでオフィスホワイトニングより時間がかかりますが、白さが持続しやすいというメリットがあります。できるだけリーズナブルに自分のペースで歯を白くしたい方に適しています。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して行なうホワイトニング方法です。オフィスホワイトニングである程度歯を白くした後、ご自宅でホームホワイトニングをしていただきます。
デュアルホワイトニングはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの両方の長所を併せもち、短期間で歯を白くしながらも、効果が長期間持続できるため、より効率的に歯を白くしたい方に適しています。

セラミック治療

02

セラミック治療は、銀歯やプラスチックの補綴物(詰め物や被せ物)ではなく、セラミック製の補綴物よって白く美しい歯に仕上げる治療のことをいいます。
セラミックとは、いわゆる陶材のことで、天然歯に近い透明感と色調を再現できるだけでなく、プラスチック製や金属製の補綴物がもつ難点を克服するさまざまな特長をもっています。

セラミックの特長

  • 自然な色調と透明感を表現できる
  • 非常に硬く、耐久性に優れる
  • 変色しにくい
  • 歯垢が付着しにくい
  • 金属アレルギーでも治療できる

セラミック治療の種類

詰め物(インレー)

詰め物(インレー)

詰め物は、虫歯などによって失った歯冠の一部を修復する補綴物で、インレーともよばれます。セラミック製の詰め物は、天然歯との境目が分からないほど自然な見た目に仕上げることができるため、審美性に優れ、金属製の詰め物のように口を開けたときに目立つようなことはありません。また、プラスチック製の詰め物より変色や摩耗に強いという特長があります。

被せ物(クラウン)

被せ物(クラウン)

被せ物は、歯全体に被せることで修復する補綴物で、クラウンともよばれます。セラミック製の被せ物は、色や透明感も天然歯に近い美しい見た目を再現することができるため、とくに前歯などの見た目が気になる箇所に適しています。 セラミック製の被せ物はプラスチック製の被せ物より強度に優れ、固いものでも安心して噛むことができるだけでなく、変色の心配もありません。また、被せ物よって軽度の歯並びの乱れを改善し、白く整った歯に仕上げることもできます。

ラミネートべニア

ラミネートべニア

ラミネートベニアは、歯の表面をごく少量削り、そこにセラミック製の薄いプレートを貼り付けることで、歯の見た目を改善する治療法です。ホワイトニングでは白くできない歯や、軽度のすきっ歯、歯の表面の小さな欠損を改善したい場合に適しています。

セラミック治療の素材

オールセラミック

オールセラミック

100%セラミックの素材で、もっとも透明度が高く、自然で美しい歯を再現できる素材です。金属を一切使用しないため、金属アレルギーの方でも安心して治療できます。一方、強度は金属より劣るため、強い力がかかりやすい奥歯よりも前歯に適しています。歯ぎしりや食いしばりなどの癖がある方にはあまり適していません。

ジルコニア

ジルコニア

酸化ジルコニウムを安定化させたセラミックで白いメタルといわれるほど強度があり、耐久性に優れた素材です。白く自然な色調を再現できるだけでなく、強度にも優れているので、さまざまな部位の補綴物に使用できます。透明感はオールセラミックよりやや劣る場合もあります。
厳密にはジルコニアはセラミックの一種なので、ジルコニア製の被せ物をオールセラミッククラウンとよぶ場合もあります。

メタルボンド

メタルボンド

メタルボンドは、表側の歯冠部分がセラミック製で、内側のフレーム部分が金属製の被せ物のことをいいます。
オールセラミックやジルコニアよりも審美性は劣るものの、内側が金属製なので、強度に優れ、奥歯やブリッジなどさまざまな症例に対応できます。また、セラミック治療のなかでは比較的低価格で治療ができます。

オールセラミックとメタルボンドとの違い

一番の大きな違いは、見た目の仕上がりです。メタルボンドは、内側の金属の色味を隠すために表側には光を透過しにくいセラミックを使用するため、透明感や色調はオールセラミック製の被せ物よりも劣ります。
試しに強い光をメタルボンドにあててみると、内側の金属が透けて黒く見えます。一方、オールセラミックは天然歯と同じように光を透過するため、自然な色味を再現できます。
また、メタルボンドは経年によって金属が溶け出し、歯肉が黒くなってしまう場合がありますが、オールセラミックではそのような心配がありません。

オールセラミックとメタルボンドとの違い
オールセラミックとメタルボンドとの違い
オールセラミックとメタルボンドとの違い

よくあるご質問

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングはどちらが効果的ですか?

どちらにもそれぞれメリットがあります。ホームホワイトニングは、目標とする白さになるまで数週間と時間がかかりますが、通院する必要がなく、白さが持続します。オフィスホワイトニングは、白さは持続しないものの、ホームホワイトニングより即効性があり、ムラのない白さに仕上がります。効率的に白くできる方法として、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用したデュアルホワイトニングという方法もあります。詳しくはご相談ください。

セラミック治療を受けたいです。金属アレルギーでも可能ですか?

被せ物の内側の土台に金属を使用しない、内側も表側もすべてセラミック製の被せ物を使用すれば、金属アレルギーの方もセラミック治療が可能です。

セラミックの被せ物は割れることはないですか?

セラミックは非常に硬い素材ですが、強い衝撃を受けた場合に割れてしまう可能性はあります。表側がセラミックでも内側が金属製の被せ物なら、表側も内側もすべてセラミック製の被せ物より強度があり、割れにくくなります。また、白いメタルとよばれるジルコニア製の被せ物も金属製の被せ物に近い強度があります。